HOME >お悩みの症状

あなたのお悩みの症状は?

一般的に多くの方が悩んでられる症状です。
あなたのお悩みと同じでしょうか?参考にして下さい。
当院にも大勢来られて、改善されています。

頭痛

頭痛頭痛でお悩みの方は多いですね。

頭痛にはタイプがあります。
命に関わる危険なタイプと、そうでない日常的に起こるタイプです。
危険な頭痛は、頭の中に原因のある場合です。
脳腫瘍・脳卒中・くも膜下出血などです。
突然痛み出したり、今までに無いもの凄い痛みだったり、
病院での精密な検査が必要になります。

日常的に起こる頭痛の根本原因は、
1.肩こり・首こりから起こるケース
2.自律神経の乱れから起こるケース です。

「1.肩こり・首こりから起こるケース」
頭痛の前に酷い肩こりや首こりの自覚症状があると思います。
マッサージで凝り固まった筋肉を緩めたくなりますよね。
その気持ちは分かりますが、いくら緩めても土台となる
骨盤や背骨(頚椎)が歪んでいるのですぐに戻ってしまいます。
また、頭蓋骨の緊張も頭痛の原因になります。

「2.自律神経の乱れから起こるケース」
生理前に痛くなる、天候の変化で痛み出す、毎日決まった時間に痛くなる、
光や匂い騒音で痛くなる、人混みにいると痛くなるなどは、
自律神経のバランスが崩れている場合です。
自律神経を整えることにより、改善します。

当院では、あなたの頭痛の根本原因を見つけ出し、取り除き、
自然治癒力を高め、再発しにくい身体になるよう全力でサポートしていきます。

▲ページトップに戻る

肩こり

肩こり肩こりでお悩みの方は非常に大勢居ます。
血行不良で起きるわけですが、長年の生活習慣や環境により、骨盤や背骨が歪んできます。
骨盤や背骨が歪むと筋肉はバランスをとろうとして周囲の筋肉を緊張させ、大きな負担をかけます。
それによって筋肉が収縮し、筋肉内部の圧力が高まり、血管が圧迫されます。
その結果、血行不良となり筋肉に酸素が運ばれにくくなったり、疲労物質である乳酸が筋肉から運びだされにくくなります。
そうなると神経が刺激される事により痛みが起こり、その痛みが筋肉の緊張を引き起こし、さらに血行を悪くするという悪循環になります。

マッサージなどで揉んだり押したりして、筋肉をほぐし血行が良くなっているにもかかわらず、また肩こりに悩まされる。
これは「血行が悪くなる」根本原因を改善していかない限り繰り返し起こってしまうのです。

当院では、あなたの肩こりの根本原因を見つけ出し、取り除き、
自然治癒力を高め、再発しにくい身体になるよう全力でサポートしていきます。


▲ページトップに戻る

腰痛

腰痛腰痛と一言で言っても、患者さんそれぞれに痛み方、痛みの度合い、
痛みの出る症状は違います。

皆さんまず病院に行って検査をされてます。
しかし、「骨には異常が無い」と言われるケースが殆どのようです。
でも痛みは変わりません・・・
椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・腰椎分離症・すべり症などと
病名を運良くつけられても、痛みが改善されないケースが多く見られます。
ただ注意しなくてはいけないものが、腫瘍、内臓疾患から腰痛になる場合もあります。

腰痛の原因として挙げられるのが、長時間の立ち仕事、パソコンを中心とするデスクワーク、
長距離の運転、重い荷物の運搬など、同じ姿勢や重さで椎間板や筋肉に負担を掛けることにより、
骨盤・腰椎が変位し神経や血管を圧迫し、痛みなどの症状が出ます。

マッサージなどで腰の辺りの筋肉を揉みほぐしてもらいたくなる衝動は分かります。
一時的には楽になった気はしますが、また元に戻ってしまいます。
根本原因を改善していないからです。
「骨盤のゆがみ」「背骨(腰椎)のズレ」をお持ちの方が殆どです。
そのゆがみやズレが筋肉の緊張をもたらし、神経や血管をを圧迫することにより、他の症状ももたらします。

骨格を整えて、自然治癒力を高め、痛みの出にくい身体にすることが大切です。
当院では、あなたの腰痛の根本原因を見つけ出し、取り除き、
自然治癒力を高め、再発しにくい身体になるよう全力でサポートしていきます。

▲ページトップに戻る

首こり・手の痺れ

首(頚椎)はとても大切な場所です。
こりや痛みなど首の問題は、全身の様々な部位に影響を及ぼすことがあるからです。
頚椎がずれていると、肩がこったり首こりだけでなく、頭痛、酷くなると手の痺れ・マヒが出たり、足に痺れが出たりします。
これは、頚椎が脊髄(背骨の中にある神経の本幹)の通り道だからです。
そんな重要な首ですが体の中でもっとも弱い部分でもあります。体重の10%あるという頭を支えていますので、常に負担を掛け続けています。細い首を骨格、血管、神経と複雑に構成されており、些細な歪みでも症状を発することが多いのです。当院でも、肩こりの方は、首もこっている方がほとんどで、腕のしびれを訴える方も少なくありません。
一日の多くの時間パソコンを操作しなければならないという方も多い現代社会の中で首のケアは大変重要なことであると考えます。
首こりの原因として1番は、生活習慣による姿勢が大きいです。
何かに集中したり、作業に没頭するとどうしても前かがみになってしまいます。前かがみのいわゆる猫背の姿勢は首に負担をかけます。
首が痛い、首がこっているという方は高い確率で腰椎(腰の骨)や骨盤が歪んでいます

背骨は24個の椎骨と呼ばれる小さな骨が積み重なって出来ています。そして、その背骨を骨盤が支えております。これらは、S字状に緩やかに湾曲しており、体重の10%もある頭の重量負担や外部からの衝撃をうまく分散させるようにできています。
腰椎(腰の骨)や骨盤が歪むと、このバランスが崩れ、頭の重さがまともに首、肩回りの筋肉にかかり、緊張した状態が続き、頸椎(首の骨)にも異常をきたすようになるのです。
当院では頸椎(首の骨)の調整をしてから腰椎(腰の骨)と骨盤も1人1人にあった形で矯正していきます。
矯正といってもバキバキ骨を鳴らすような強い矯正ではなく、クッションのようなブロックとよばれる物を骨盤の下に置いていきます。これによってご自身の体重を使ってゆっくり矯正出来き、無理なくその人にあった骨盤、腰椎の位置に戻していきます。
土台の腰椎(腰の骨)骨盤をしっかり矯正する事で頸椎(首の骨)がさらに正しい位置に戻っていきます。

また、扁桃腺の炎症で咽の調子が悪い方は、頚椎を矯正する事で楽になる場合があります。

当院では、あなたの首こり・手のしびれの根本原因を見つけ出し、取り除き、
自然治癒力を高め、再発しにくい身体になるよう全力でサポートしていきます。


▲ページトップに戻る

ぎっくり腰

急性腰痛症と言って、突然腰部に痛みがはしる症状で有名ですね。ぎっくり腰

いきなりその場にうずくまらなくてはならないほどの激痛になる方も多いです。
欧米ではその病態から「魔女の一撃」とも呼ばれています。

ぎっくり腰の主な原因は、主に限度を超えた瞬間的な過負荷、蓄積された疲労などがあります。
ぎっくり腰というと、限度を超えた瞬間的な過負荷の方を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、
意外に蓄積された疲労の方が多い傾向があります。
実はぎっくり腰になる前から腰が痛かったり、違和感を覚えている方が多いです。コップの水が溢れるように、蓄積していった疲労が溢れてしまうんですね。

腰に痛み・違和感がある方は突然ぎっくり腰になる可能性がありますので要注意です。
重い物を持った時や、立ちあがろうとした時、くしゃみや寝て起きたらなっていたなんて話も聞きます。
ぎっくり腰になった時は、無理して動かず一番楽な姿勢をとって下さい。
多くの場合、背中を丸めて横になる姿勢が楽に居られます。
出来れば、座布団を数枚お腹の下にいれ、お尻が突き出るような姿勢でいると楽です。
その時、腰を冷やして下さい。
氷をビニール袋に入れたり、アイスノンをタオルにくるんだ物で腰部を冷やします。約20分を限度にして下さい。また時間を空けて冷やします。
お風呂で温めるのは厳禁です。シャワーなどで我慢して下さい。

一般的には、痛みが引いて楽になるまで安静が良いと言われていますが、
痛みが引いても、腰椎・骨盤が完全な状態では無いので、再発しやすくなります。「ぎっくり腰が癖になる」といわれる原因なのです。
ぎっくり腰になった場合は出来るだけ早めの来院をお勧め致します。

施術により痛みを緩和し、ぎっくり腰が再発しにくい身体にすることが望ましいのです。
当院では、あなたのぎっくり腰の根本原因を見つけ出し、取り除き、自然治癒力を高め、
再発しにくい身体になるよう全力でサポートしていきます。


▲ページトップに戻る

坐骨神経痛

なんとなく腰が痛い…
座ってるとお尻当たりに何か違和感が…
最初はそんな些細な違和感だったのに、ほっといたらお尻や太ももが痺れてたり、ふくらはぎや足先が痺れたりなんて事ありませんか?
もしかしたらそれは、坐骨神経痛かもしれません。
坐骨神経とは腰からお尻、太もも裏、ふくらはぎなど体の後面を通っている神経の事です。これが、何らかの原因によって刺激され痛みや痺れを引き起こします。おもに考えられるのが2つあります。

①梨状筋の問題から起こる坐骨神経痛
お尻の筋肉に梨状筋という筋肉があります。坐骨神経はこの筋肉の下を通っています。
長時間座り続けたり、腰に負担をかけると、ストレスを受けた梨状筋によって坐骨神経が圧迫され、坐骨神経痛になります。
②椎間板ヘルニア
聞いた事がある事がある方も多いのでは?
背骨は椎体というブロックのようなものが重なって出来ています。その椎体の間にクッションの役割をしている椎間板というゼリー状の部分があります。これがはみ出すと神経が刺激され腰痛からはじまり、坐骨神経痛になる場合があります。

他にも
腰椎変性すべり症
腰椎分離すべり症
腰部脊柱菅狭窄症
など原因は様々です。

※坐骨神経痛は一時的に緩和しても再発しやすいので、根本から解消しないと改善にはつながりません。
当院では、あなたの坐骨神経痛の根本原因を見つけ出し、取り除き、 自然治癒力を高め、再発しにくい身体になるよう全力でサポートしていきます。


▲ページトップに戻る

自律神経の不調

交感神経と副交感神経って聞いたことありますか?
自律神経とは、この2種類の神経の事をいいます。
でも、聞いたことはあっても、よく分からないって方が多いと思います。

交感神経は、活動している時や緊張・ストレスを感じている時など、主に日中活発になります。
副交感神経は、休息している時、リラックスしている時など、主に夜間活発になります。
健康な体を維持するためには、この2つの神経がバランスよく活動することが必要です。

自律神経のバランスが崩れると、「昼間の活動での疲労を、夜間の睡眠で休息させる」という活動がスムーズにいかなくなり、体に様々な不調が現れてきます。
頭痛、不眠、過眠、めまい、ふらつき、動悸、息切れ、倦怠感、手足の冷え、うつ、食欲不振など、色々なところに行ってもなかなか改善されないのではないでしょうか。
自律神経の不調の根本原因をたどると、「脳脊髄液の循環不良」「頭蓋骨の過緊張」また、「骨盤のゆがみ」「背骨のゆがみ」も伴っているケースが多いです。
脳脊髄液の循環不良と頭蓋骨の過緊張を解消し、背骨・骨盤のゆがみを解消することで、ストレスを解放、自律神経の活動を整えて改善していくことができます。

自律神経の不調は一時的な施術では良くなりません。根本原因から解消していかないと改善にはつながりません。
当院では、自律神経からくる不調を根本から改善し、再発しにくい身体にする事を全力で目指します。


▲ページトップに戻る

骨盤のゆがみ

施術中の会話の中で、症状の原因は『骨盤のゆがみ』から来ています。とお伝えすると、「やっぱりそうでしたか~」なんて言われるようなことが多々あります。
また世間でも、「骨盤矯正まくら」や「骨盤矯正体操」などを初めとした、「骨盤矯正ダイエット」も、かなり流行っていると思います。
みなさん何となく、ご自身の体の不調は「骨盤のゆがみ」が原因となっていると思われ、ネットやテレビなどを通じて、色々な情報を集められているのではないでしょうか?

皆さんが考えていらっしゃることは、あながち間違いではありません。
都留カイロにご来院される患者さんの中でも、お悩みの症状は違えど、根本原因が「骨盤の不具合」にあることが大半です。ただ、骨盤がどのような状態になると、どんな症状が出るのか?を知っている方はあまり多くはありません。

日々の生活の中で、私たちの身体は少しずつゆがんでいきます。
「いつもまっすぐ立っている」「ちゃんと気を付けているから大丈夫」と思われる方も多いかとは思いますが、「自分のまっすぐ立っている感覚は、実はまっすぐではない」ということには、なかなか気づいていないのではないでしょうか?
ご家族など、お近くにどなたかいらっしゃいましたら、「あなた自身がうつ伏せに横になった状態で、お近くの方にあなたの身体を真っ直ぐにして貰って下さい。」そうすると、自分の身体が「く」の字になっている感覚を受けるかと思います。
自分ではまっすぐなつもりが、実は曲がっているのです。 このように、ご自身で気を付けていたとしても、身体のクセなどにより、少しずつ骨盤は歪んできてしまいます。

骨盤のゆがみを放っておくと、腰痛・肩こり・ぎっくり腰・頭痛・手足のしびれ・背中痛・めまい・耳鳴り・自律神経失調症など、聞くだけでも痛くなるような様々な症状が後々出てくる可能性が高いです。
都留カイロの骨盤矯正で、体調の改善や健康の維持をされてみてはいかがでしょうか?

都留カイロではしっかりと検査をし、短期的・集中的に骨盤を正しい位置に整えます。
痛くない、ボキボキしない、都留カイロの「骨盤矯正」を体感してみてください。


▲ページトップに戻る

四十肩・五十肩

肩に痛みと運動制限(可動域の減少)が40歳以降で発生します。
最初は肩関節付近に鈍痛が起こり、腕を挙げることが出来ない
洗髪、歯磨き、洋服を着る、寝返りをうつなどが不自由になり、日常生活に支障をきたす場合も出てきます。

肩関節周囲の組織に炎症が起こることが主な原因と考えられています。
炎症が起こる原因としては、腕や肩の使いすぎや運動不足などが挙げられます。

個人差はありますが、一年半から二年で自然と治る場合が多いです。
しかし、自然に治ったとしても、可動域は以前のように戻らない場合が多くみられます

肩以外にも、頚椎・骨盤の不具合などの原因のある場合もあります。
都留カイロでは、四十肩・五十肩の根本原因を見つけ出し、可動域を広げ、一日も早い改善を目指します。


▲ページトップに戻る

膝痛・股関節痛

膝痛膝や股関節に痛みの有る患者さんが多くいます。
原因は骨盤に不具合の有る場合が殆どです。
股関節の痛みに関しては、女性の場合が多いかもしれません。
やはり、出産で骨盤が開き、うまく戻らないと股関節の可動域が変化し痛みをおぼえます
膝に痛みが出る場合も多いです。

膝痛は初めに骨盤が変位し、膝に痛みが出てくるケースです。
年配の方が多いのですが、痛みのある膝をかばい、痛みの無い膝まで負担をかけ悪くします。
骨盤の変位をほっておくと、膝が変形する事があります。
腰の痛みを感じない方も多く、膝のレントゲンを撮っても異常なしと言われ、痛み止めの注射をし悪化させる方が多いです。
一度変形してしまうと治しにくいので、早めの対応をお勧め致します。
加齢で済ませている場合ではありませんよ!

階段の上り下りがつらい場合は我慢しないで下さい。

都留カイロでは、膝痛・股関節痛の根本原因を見つけ出し、一日も早い改善を目指します。



▲ページトップに戻る